コンピューターについて


 PowerBook1400


1997年、6月後半そのころちょうどそれまで払っていたバイクのローンも終わったので、なにか始めようと思っていた。
とりあえずシーカヤックに興味があったので雑誌を見たり、ショップに見にいったりしていた。
調べて行くうちにシーカヤックの欲しいモデルや用具を揃えると60万くらいかかってしまいそうだったので、躊躇していた。
その頃、とある日曜日に友人といろいろな話をしていた時にパソコンの話が出て、なかなか面白そうだなと思い、週明け、仕事の合間に秋葉原にパソコンを見にいった。
とりあえず、職場の関係でMacの方が教えてもらえる人も多かったので迷わず、ソフマップのMac館にいった。
とりあえず今回はまだパソコンにハマるかどうかわからなかったのと、置く場所の問題で、買うのならノートを買おうという事だけは決めていた。
いざ値段を見てみると、一番安いPowerBook1400cs117が30万を切るくらいだったので、「ああこれなら買える」と思い、その場は時間もなくなったので帰る事にした。
とりあえず、1日置いて、水曜日の仕事の合間に秋葉原に行って買う事にした。
そして当日、お店で買おうとしたら、クレジットを組むのにカードを作る事になり、その申し込みをしていたら時間がなくなりその場では買えなかった。
結局、時間がなかったので、その日には買えなかった。
木曜日になり、また秋葉原へ行き、ソフマップでPowerBook1400cs117を買ったのだが、なんと昨日よりも値段が1万以上下がっていたので、迷わずメモリーを最大(64MB)まで増設することになった。
そして、パワーブックを持って会社に戻ったら同僚の目が点になった。
その日から私はMacユーザーになり、パソコンにはまり込んで行くのだった。

その後、Mac関係の雑誌等を読みまくりいくらか使えるようになり、インターネットにも繋げられるようになった。
9月になり、幕張メッセでワールドPCEXPOが開催されるとの記事をみて、早速仕事の休暇をとった。
当日幕張メッセに到着、会場について私がめざしたのは・・・バーゲンコーナーだった。
そこでいろいろな周辺機器などを見て行きMac用のジョイスティックやゲームなどを買って、ともかく一息ついたので展示の方を見に行くことにした。
そして展示をみたりデモ版のCD−ROMやカタログなどをゲットして、いいかげん疲れてきたので、もう1回バーゲンコーナーを見て帰る事にした。
そして帰りがけに1万でデジカメのセットを見つけたので、当然買って帰った。
結局、10月くらいまでにプリンターやスキャナー等も買い、ここまでに使った金額は本体含めて50万を超えてしまった。



 MacOS8
 この10月にOSがアップデートしてMacOS8になるらしい。
それまでは標準の漢字トーク7.5.3を使っていたのだが、雑誌などの情報ではかなり進化するとのことなので、OS8を導入する事に決めた。
その頃、ショップに行ったら、OS7.6を買えばOS8に無償アップグレードできるキャンペーンをやっていたので、どうせならと思い7.6を買う事にして、とりあえず7.6をインストールしてみたら、なかなか具合がいいのでますます8が楽しみになってきた。
そして、MacOS8の発売日が来た。
しかし、うちのはアップグレードなのでCD−ROMがアップルから送られてくるはずなので、まだ届いていなかった。
結果的に届いたのはかなり後になってからだった。
待たされて、焦れていたのでさっそくOS8をインストールしてみた。
7.6もよかったが8もすごくよく出来ていた。


 モバイル 1
この頃、せっかくノートなんだしモバイルで使ってみたくなってきたので、PHSを購入した。
買ったモデルはパルディオ321Sというモデルだった。
このPHSはPCカード一体型のなのでそのままさすだけで使えるのがよかったので、新宿のさくらやで買う事にした。
この時、パルディオではないOEMのSHAPPのタイプが2000円くらい安く売っていたのだが、どうせならちゃんとパルディオのをと思い、OEM版は見送ってしまった。(この後で後悔することになるのだが・・)

そうこうやっているうちに年も開けて2月になっていた。
2月半ばには幕張メッセでMacWorldExpoが開催されたので、またもや仕事を休んで行く事にした。
この時はモバイルできるようになっていたのでパワーブックを持って行って会場から友人にメールを出してみることにした。
無事メールは出す事ができたのだが、長時間持ち歩いていると重さがかなり気になった。
この時はあまり気にならなかったが、会場でNewtonメッセージパッド2100の日本語版が発売になるという事で発売するショップの前ではけっこう騒ぎになっていた。


 CHAT
そして4月になった頃、ふと見ていたネットの掲示板でるーみっく作品の上映会をGWにやるという事が書いてあった。
そういえば、ちょっと前に新井さとし氏から聞いた話の事だと気がついて、上映会の告知をしているHPに行ってみたら、掲示板があったので「ツアースタッフ参上」と書き込みをしてきた。
その後でリンクをたどっていったら「お好み焼き うっちゃん」にたどり着き、そこにあるチャットルームという物を見てみる事にした。
とりあえずどういうものなのかわからなかったので、入室せずに見ている事にしたのだが、話している内容はめちゃめちゃ濃かった。
なかなか面白そうだったのだが、しばらくROMって見ようとおもった。
しかし翌日には手動でリロードするのが面倒になり、あっさりと入室してしまった。
やはりこういうものは見ているよりも参加した方が面白かった。


 Newton


この頃Macの雑誌を見ていたらNEWTONメッセージパッド130が29800円という広告を見つけた。
ちょうNewtonに興味があったし、さすがにメッセージパッド2100は高くて買えなかったので、「これは買いでしょ♪」とまた勢いだけで秋葉原のイケショップモバイルプラザに買いに走った。
そこで会計しながら、いろいろと話を聞いてみたのだが、自分の持っているPHSはNewtonでは認識しないらしい。
しかも、PHS買う時に見たOEM版のほうなら使えたらしいと聞いてなんともがっかりした。
結局、130本体と10MBのメモリカードとソフトを買ったら、7万くらいになってしまった、しかも自分の環境ではインターネットに繋げない状態で・・・。
それでもメモ帳がわりに使う分にはなかなか便利だった。


 オフ会初参加
そして例の上映会の当日になり、130を持って会場のサンパール荒川に行った。
会場について新井さんと合流、いきなり楽屋に連れて行かれたのだが、そこではチャットのメンバーがリアルチャットを繰り広げていた。
そして上映会が終わった後、御徒町のお好み焼き屋で打ち上げに参加した。
この時が初めてのオフ会参加であった。
この日の夜からほぼ毎日、チャットに出没するようになった。


 
 大阪オフ
上映会の翌週の土日に大阪でオフ会をやるとの事、しかも幹事は昔からの知り合いの西垣さんがやっていたので、参加する事にした。
とりあえず、パワーブックを持って新幹線に乗って大阪に向かった。
待ち合わせ場所で集合すると懐かしいメンバーもいて、そこからお好み焼き屋で食事をしてから西垣邸にてオールナイトオフとなった。
翌日は大阪の街を西垣さんに案内されて、グッズあさりツアーとなった。
大阪でのオフも終わり東京へ・・その帰りの新幹線の中でうっちゃんチャットに入室、名古屋くらいまでは途切れ途切れながらもなんとかオフの報告ができた。


 PowerMac G3 MT266


毎晩チャットに入り浸るようになり、モニターを見てる時間が長くなってくると、やはりノートでは厳しいと感じるようになったので、そろそろデスクトップでも買うかなと思っていたので、価格を調べたのだがPowerMac G3 MT266がそろそろ買い時であると判断し、思い切って買う事にした。
本体に128MBのメモリとVRAMもいっぱいの6MBに増設して、17インチモニターとTAで、40万くらいかかってしまった。
せっかく速いマシンなので、ISDNも導入することになったのだが、申し込みまで済ませて、あとはテレホーダイの関係で工事待ちだったのだが、なんとうちの地区にケーブルTVが繋がる事になった。
話を聞いてみたら翌年の夏くらいにインターネットサービスも始めるとの事なので早速ケーブルTVの契約をして、インターネットサービスが始まる時には連絡もらえるように頼んでおいた。
こんな事なら、安いモデムを買ってケーブルインターネットが繋がるのを待てばよかったかも・・・。


 パワーザウルス(MIー504)
この頃もNewtonを持ち歩いていたのだが、やはりネット環境に繋ぎたかったのでいっその事MP2100を買おうかと考えていたのだが、さすがに20万くらいしたので買えなかった。
とりあえず、午前中に時間があったので秋葉原のソフマップを覗いてみたら在庫処分品のパワーザウルスがソフトとセットで30000円で売っていた。
一瞬迷ったが、ネットにも繋がるとのことなので衝動買いしてしまった。
さっそく、設定をしてPHSを繋げてみた。
なかなか面白いおもちゃなのだが、うっちゃんの過去ログが全部落とせないのが気になったが、これはたぶんユーザーメモリが少なかったからだと思う。
このザウルスは小さいので持ち歩くのはNewtonよりも楽だったし、なんといっても片手でもったままネットに繋げるので、電車の中でたったままチャットも出来た。
この後で中古のデジタルカメラカードも買ったので、もっぱらザウルスを持ち歩くようになった。

あるとき、ガソリンスタンドに給油しにいったら、なんとそこには小学生の頃憧れたランボルギーニ カウンタックLP−500がいるではないか!!
その時もザウルスにデジカメカードさしていたので、すかさず店員の許可をもらい撮影した。
これは感動の出会いだった。


 モバイルギア2 MCRー500
ザウルスもよかったのだが、チャットのログが全部(一日分)落とせないのが不満だったのだが、その頃ろっぢさんが買ったモバイルギア2MC−R510を見せてもらい、軽さとサイズ、フルサイズのキーボードなど、なかなか良さそうだと思っていた。
またこの当時メッセージパッド2100が欲しいという発作がでていたのだが、やはり値段が高くて買えなかった。
とあるときにまた仕事の合間に秋葉原に行き、じゃんぱらという中古ショップを覗いてみたら、なんとMC−R500(中古)が3万台であるじゃないですか!!
この当時ソフマップの相場が6万ちかくしたので、これも一気に衝動買いしてしまった。
これはネット環境もほぼ満足いくものだったので、ザウルスは友人に売却してしまった。
その後に、24MBのコンパクトフラッシュを装備、さらに内蔵メモリの中古をゲット、16MBから32MBへ交換して、今も使用中である。


 CD−RWドライブ
またまた仕事の合間に秋葉原にいって、秋葉館をのぞいてみたらCD−Rドライブが安くなっていたのだがその場は我慢した・・しかし考えてみればCDが焼けるというのはやはり魅力的だったので、買う事にした。


 OLYMPUS C-1400L
今度はデジカメである・・・前に買ったデジカメは27万画素で画質が悪かったので、あまり使ってなかったので、今度はメガピクセルのカメラを買おうと決めていた。
なかでもこの1400Lが一眼レフタイプでよかったので候補に上がっていた。
また仕事中に秋葉原を通ったときに、通り沿いの店のPOPを観たら、1400Lが破格な値段で書いてあった。
そこで休憩時間に秋葉原に大急ぎで行き、店員に話を聞いてみると新品なのだがメーカー保証はなしでショップで半年の保証をしてくれるらしい。
まあ、値段も安かったので本体と16MBのスマートメディアとフラッシュパスを買って帰った。
撮影してみると、画質のシャープさは文句なしだった。
そして松永夏代子さんのLIVEにいった時にちょっと撮影してみようとしたのだが、なぜか16MBのスマートメディアを認識しなかった。
これはメディアが不良なのかと思い、後日買った店に持っていって調べてもらう事にした。
そして、結果は・・・・なんとメディアには問題なしだった。
と、そこで店員が言うには1400Lは8MBまでしか対応していないとの事。
買った時には何も説明がなかったのだが・・・。
とにかくメディアそのものは新品で帰ってきた。
それからしばらくしてから、同じく1400Lのユーザーである友人からオリンパスに持っていけば、有償で32MBまで対応できるバージョンアップサービスをやっているとの話を聞いた。
本来ならもうすでにバージョンアップサービスの期間は終わっていたのだが、まだやってくれるとの話だったので、友人と一緒に申し込んだ。
これでやっと使えなかった16MBのメディアが使える事になった。
今の所、このカメラの不満は電池の持ちが悪いくらいかな。


 レッツノートALーN2
なぜかウインドウズマシンなのである。
これはモバギのバックアップ用に安いウインドウズでも買おうかな?と思っていた時に、ふと会社の人のマシンを見たら新型のレッツノートに変わっていた。
そこで前のレッツノートはどうしたのか聞いてみたらソフマップにでも売るつもりといっていたので、それならと思い売ってもらう事にした。
なかなか快適なマシンだったので外付けのCDドライブも買ってきて、会社に持っていったりしていた。
まあ、その後パワーブックもG3化したので使う頻度は減っていたのだが、ある時に立ち上げようとしてみるとウインドウズの画面までいかないうちにエラーがでて立ち上がらなくなった。
そこでしばらく放っておいたのだが、とりあえず修理の見積もりを取ってみる事にして、パナソニックに持ち込んだ。
数日後、パナソニックから電話があり修理するにはマザーボード交換で7万円ちょっとかかるといわれた。
さすがに7万かけて直す気はなかったので、そのままの状態で引き取ってきて、うちで眠ってます。


 PB1400用G3カード
PowerMacG3MT266を使用しはじめてそのスピードに慣れてしまったので、今度はPowerBook1400を使うのが辛くなってきた。
その頃には1400用のG3カードが発売されていたのだが値段が10万以上したためとてもじゃないけどアップグレードする気にはなれなかった。
そしてレッツノートを買った事もあり1400を使う事も少なくなったのだが、ある時例によって仕事の空き時間に秋葉原にいったら、なんと29800円でG3カードが売っていた。
レッツノートも使っていたがやっぱり自分にはMacの方が合ってるって事がわかってきていたので、迷わずに購入した。
家に帰ってから自分で交換作業をやったが、パソコンの中をいじるのは初めてだったのでけっこう緊張したが、無事終了した。
さっそく起動してチャックしてみる・・・さすがに速い、いままでモタモタしていた処理があっという間に終わるのである。
やっぱりアップグレードして正解でした☆


 1400HD増設
PowerBook1400をG3カードでパワーアップしてスピード的には快適になったのだが、そーなると今度は1GBというハードディスク容量に不満を覚えた。
当然、増設しようという気にもなるのだが、2.5インチのハードディスクは高かったので今ひとつ踏み出せずにいた。
だが、World PC EXPOにいった時に、4GBの2.5インチのハードディスクが12000円で売っていたので、まよわず購入。
持ち帰ってさっそく増設作業開始、ハードディスクマウント金具も問題なく装着でき、作業は完了。
そしてOSのCDROMから立ち上げて、フォーマット&インストール。
これによって現在も、モバイル&サブマシンとして使用中。


 imode


携帯電話もimodeによってインターネットに接続できるようなり、Eメールも使用できるようになった。
まあ、興味はあったのだが私にはモバイルギア等のモバイル環境があったので特に不自由してなかったので、導入には踏み切れずにいた。
だが、その時使用していたP-206のバッテリーのもちが悪くなって来ていたので、そろそろ買い換えかなあと思ったので、店等で値段や機種等を見るようになった。
その頃、ネットでNOKIAのimodeで赤外線ポートを積んだモデルが発売するとの情報が写真と共に載っていた。
その赤外線ポートとスタイルに惚れてしまったので、とりあえず発売を待つ事にした。
だが、関西等で先に発売になったが、関東ではかなり遅れてから発売された。
当然、新機種は高いので値段が落ち着くまで待つ事にした。
しばらくして大分値段が落ちついて、ネット上で安い店の情報を見つけたのでさっそくいってみたが、丁度夏休みで買う事はできなかった。
その後で、たまたま地元で携帯が安いショップがあったので観てみると、機種変更手数料込みで3980円+TAXだったので、色があるか聞いてみたらなんと望みのブルーベルベットの在庫があるとの事。
もう時間が遅かったので、当日の機種変更は終わっていたので、翌日午前中にもう一回くるということで予約して帰る事した。
そして翌日、機種変更しさっそく家にもちかえり設定を始める事にしたのだが、そのマニュアルの厚さに驚いた。
まあ、最低限必要な設定をして使用しているので使いこなしているとは言いがたいが、とりあえず無事に使えている。
ちなみにこのモデルはNOKIA NM502iであり、「仮面ライダーアギト」の劇中で氷川刑事(G3)が使用しているのもこのモデルである。


IBM WorkPad30J
以前のPCカード一体型PHSは使うことも少なくなったので解約していたのだが、携帯がNM502iになったことで、再びモバイルと言うことも考えるようになった。
もばぎやPB1400は持ち歩くにはサイズ的に不便なので、つぎはPalm機かなとおもっていたのだが、なかなか踏ん切りが付かずにいた。
しかし、ある時秋葉に行ってみるとザウルスの証券モデルが投げ売り状態で売っていた。
以前にもザウルスは使ったことがあり、あのサイズなら持ち歩けるな〜とその気になったのだが、少し頭を冷やして考えようと思い、その場は買わずに帰った。
だが、やはり気になりしばらくしてもう一度見に行ってみたのだが、いまいちボディーの質感が気に喰わずに、とりあえず秋葉を散策してみることにした。
そこでソフマップを覗いたところ、IBM WorkPad30Jが15000円で売っていたのを発見、こっちの方が良さそうと思い直し、IKESHOPモバイル館に行ってみることに・・だがこの時は正月でモバイル館の営業は翌日から・・・ということで翌日出直して購入してしまった。

購入して使ってみると、予定やアドレスなど軽くてすごく使いやすくなによりもサイズが持ち歩くのになんの苦にも成らないので気に入りました☆
NM502iを使ってネットにも繋がるようになり、チャットもどこでもおっけーになった。
もっとも携帯のパケット代は高いので、たまにしか繋がなかったけど(^^;
しかもこのコンビで使うと携帯メールをWorkPadに転送して返事を作成、それを携帯へ転送して返信するということができるようになり、携帯メールの打ち込みが苦手な私には嬉しい機能だった。
また、今までのモバイル機の中で一番Macとのシンクロが良かったのも気に入った理由である。
例えば、Macでチャットのログやインターネットの掲示板のログを変換して、WorkPadに転送することで、電車の中や出先での暇つぶしに読むのにちょうど良いのも利点でした。

とにかく次ぎもPalm機にしようと思えるできばえでした。


TOPPAGE